お気軽にお問い合わせください。TEL.072-685-4618

噛み合わせとその治療 | JR高槻駅直結 徒歩1分【高槻ステーション歯科】

噛み合わせとその治療

よく嚙んで食べると?

食べ物をよく噛んで食べるということは、胃や腸の働きを助けるためだけではなく、脳の発達につながると言われています。

自前の歯は鋭敏な感覚センサー

  • 歯とあごの骨の間には、歯根膜という鋭敏な感覚センサーの働きをする組織があります。
  • これらの感覚センサーは、モグラやネズミでいえばヒゲに相当する感覚器であり、歯が抜けるとこれらの鋭敏な神経からの信号が脳に入らなくなって、認知症を発症するといわれています。

噛むことと老化・認知症の関連

対象者:65歳以上の入院患者 987名 平均残存歯数
認知症ではない患者 8.8本
認知症患者 3.5本
 
対象者 平均残存歯数
アルツハイマー型の認知症患者 36名 3本
脳血管性の認知症患者 39名 6本
健康な高齢者 78名 9本
頭部をCTで比較
対象者:153名
残存歯数が少ないほど脳内に隙間が多く、脳の萎縮が進んでいた。 また、アルツハイマー型認知症患者は、健康な老人より平均約15%萎縮が進んでいた。

歯がなくなることは、認知症になる原因の1つとして考えられています。

食事をおいしく食べるためには?

食事がおいしいと思っている人は平均20本の歯があるといわれています。

年齢 一人平均喪失歯数
30~39歳 0.4~1.0本
40~49歳 1.4~2.3本
50~59歳 3.7~5.0本
60~69歳 7.1~10.1本
70~79歳 13.1~17.6本
80~89歳 19.3~22.0本

左の表によると

60歳代で、平均8~10本の歯を失うので、残ってる歯が20本を下回ってきます。

歯の喪失の原因

抜歯の疾患別・年齢別調査

20代までは、虫歯で歯をなくすことが多いようです。
40代・50代では、歯周病で歯をなくすことが多くなってきます。

不正歯列の影響

  • 見た目が良くない
  • むし歯、歯周病になりやすい
  • 歯の清掃、手入れがしにくい
  • 奥歯に負担がかかる
  • つめ物、かぶせが壊れやすい

歯の喪失につながる

歯列矯正が必要

矯正治療必要なのは、子どもだけではありません。
成人でも、オープンバイト・下顎前突・上顎前突などのような不正歯列であれば、矯正治療の適応になります。また、歯を喪失して、歯牙の移動がおこっている場合も、矯正治療が必要となってきます。

不正歯列(歯並びの異常)

八重歯
八重歯 八重歯
オープンバイト
オープンバイト
上顎前突
上顎前突
下顎前突
下顎前突

矯正治療必要なのは、子どもだけではありません。

成人でも、オープンバイト・下顎前突・上顎前突などのような不正歯列であれば、矯正治療の適応になります。
また、歯を喪失して、歯牙の移動がおこっている場合も、矯正治療が必要となってきます。

矯正治療の適応

  • 矯正治療が必要なのは、子供だけではありません。
  • 前述したように、成人でも、歯牙の叢生、オープンバイト、下顎前突、上顎前突などのような不正歯列であれば、矯正治療の適応になります。
  • また、歯を喪失して、歯牙の移動がおこっている場合も矯正治療が必要となってきます。
  • 80歳まで生きると考えたら、40~50歳からでも矯正治療は遅くはないのではないでしょうか?

矯正治療

利点
  • 綺麗になる
  • むし歯、歯周病になるリスクが減る
  • 奥歯にかかる負担が減る
  • 歯の寿命が延びる
  • 咬み合わせが良くなる
  • 口元が変わる
欠点
  • 高額な治療費
  • 違和感
  • 見た目
  • 舌感が悪い
  • 食事しにくい
  • 長い治療期間
  • お手入れ
  • むし歯
ご予約・お問い合わせは
TEL.072-685-4618 急患は随時受け付けています
土曜日、日曜日も診療しています

>診療時間&交通アクセス

診療時間
■受付時間
月~金/10:00~12:30
   /14:00~20:00(最終受付19:30)
土・日/10:00~12:30
   /14:00~17:00(最終受付16:30)
■休診日
祝・祭日
交通アクセス
■JR京都線
「高槻駅」中央改札口よりすぐ
JR高槻駅NKビル1F

pagetop