PREVENT
予防歯科
HOME ≫ 診療項目一覧 ≫ 予防歯科
予防歯科
虫歯や歯周病にならない為に大事な事とは?

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)は運が悪くて掛かってしまう病気ではありません。虫歯や歯周病(歯槽膿漏)になる原因はプラーク(細菌のかたまり)です。このプラークは丁寧なブラッシングによって、大部分を取り除くことができます。つまり、しっかりとブラッシングを続けることで、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を予防することができるのです。また、ブラッシング以外にもそれらを予防する為に色々な手法があります。そして、予防には痛みを伴うような物はありません。ここでは様々な予防を紹介します。

LEAVE
歯を残すためには

治療をしたあと、3ヶ月~半年などの一定期間が経ってから、再び診察することをリコールといいます。リコールは症状が改善されているのかまた、新しい病気にかかっていないかを医師が確認するために必要なことです。長期的にみると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。
PMTC
PMTC

PMTCとは『プロフェッショナル メカニカル トゥースクリーニング』の略でプロによる歯のクリーニングを意味します。具体的には、歯科衛生士が専門的な器械を使って行い、歯石の除去やクリームを使った器械的研磨をおこないます。虫歯や歯周病の予防になります。また、痛みもありませんし時間がかからず短時間で終わります。

フッ素塗布で虫歯予防
フッ素塗布で虫歯予防

フッ素は、化学的に作られた元素ではなく、土や海の中、全ての動植物にも存在しているものです。もちろん、歯や骨の中など、人間の身体にも含まれています。歯に直接フッ素を塗布すると、歯質をよくし虫歯に強い歯にしてくれます。フッ素を塗布する事により、大人や子供の虫歯予防に効果があります。

シーラント
シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで埋めて、虫歯にならないようにする虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入りにくく、しっかり歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。その場合、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。

FREQUENCY
予防歯科を受診する頻度

定期検診は三カ月に一度をおすすめします
定期検診は三カ月に一度を
おすすめします

定期検診は、虫歯や歯周病などの歯やお口の中の病気を早期発見し、予防につなげるために重要なことです。 お口の中の病気は初期では症状が現れることは少なく、痛みや目に見える変化が現れたあとでは、費用と時間を要する治療をしなければならなくなってしまいます。そうなる前に、早めの受診をおすすめします。

ピックアップ
女性歯科医師が活躍中
女性ドクター活躍中

女性ドクターも在籍しています。ご希望の際は予約時にお申し付けください。

高槻ステーション歯科 求人情報
求人情報

当院では歯科医師・歯科衛生士・歯科助手の求人を随時募集しています。

診療日カレンダー
CLINIC
医院のご案内

JR高槻駅直結、中央改札口から徒歩約1分
高槻ステーション歯科

〒569-1123
大阪府高槻市芥川町1-1-1 JR高槻駅NKビル1F

JR高槻駅から直結の土曜・日曜も診療する歯医者

高槻ステーション歯科
takatsuki station dental clinic
ご予約・お問い合わせ
0726854618

月~金/9:30~19:30 土日/9:30~16:30

24時間受付WEB予約

WEB予約
0726854618